RS Revolution

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラスーツ

<<   作成日時 : 2006/05/10 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


よくスカイダイビングのカメラマンがしている”ムササビ”みないなスーツがあります。何で、フォーメーションのカメラマンがそんなスーツを着ているかご存じですか?

ちょっと整理してみました。
あのスーツにも、いろいろ善し悪しがあります。

欠点
 ・コントロールがしづらくなる。
 ・ドッグするのが難しい。
  (カメラスーツを着て、ドックする事は無いかな…)
 ・スライドさせるのに、慣れが必要。
  (手と足を別々に使ったコントロールが必要)
 ・ウイングが広い場合、プルする時にしっかり体から離して
  放さないと(投げないと)ヘジテーションになりやすくなる。
 ・ プルする時に、ウイングスーツの種類によっては、
  トータルマルファンクションになる危険性がある。
  ちゃんとしてたプルをすればOKです。
 ・プルするとき、いつも通りに手を頭に持って行くと回ってしまう。
  (ウイングがあるため)

利点
 ・EXITでレラティブウインドをより受けるので、フォーメーションのEXITに
  しっかり追従する事が可能。 タイミング・EXIT直後の姿勢が重要
 ・ウイングを上手く使うと、よりパワフルに前進、ブレーキが出来る。
 ・フォールレイト調整が楽!!! 特に浮かす方。逆に落とす方は、
  ちっと辛くなるけど、トータルのフォールレイト調整範囲は広くなる。
 ・下に、ジャンパーが居た場合でもバブルの影響を耐えて、
  より落ちにくくなる。


結局、カメラスーツがどーしても必要なのはEXITの時のみです。
後は、無くても何とかなりますが、旨く自分の物にすれば、いろんな動きが出来ます。


写真は今大会の最終ラウンド、撮影者はK.Babaさん Special Thanks です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
馬場さん映像ください。
たかC
2006/05/10 23:31
K.Babaさんからは、自分がまとめて写真を預かっています。 それらも含めて、選手権の写真は後日DVDかCDに焼いておきます。

2006/05/10 23:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カメラスーツ RS Revolution/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる